のぼりの効果的な使い方

歴史も種類もあるのぼり

アピール効果が大変高いのぼりにはより効果的な使い方があるとされています。その使い方を知り、TPOに合わせて使うことでより効果を強めることができるのではないでしょうか。

のぼりの効果的な使い方

アピール効果が強いとされているのぼりですが、その出し方には注意が必要だと考えられています。

ただのぼりを出すのではなく、工夫を凝らす必要があるようです。

まず、のぼりを作る点においてです。

のぼりを立てることで効果的にアピールポイントやメリットを伝えなければなりません。

それ以外にものぼりを立てる間隔、配色、置き方などに工夫をすることでその効果は格段に増すと考えられています。

のぼりを立てる間隔は1m80cmが最良とされています。

数さえ立てればいいというものではありません。

のぼりをたくさん立てて密集させすぎてしまうと肝心の店舗をなどアピールしたいものを隠してしまうことになります。

場合によってはお客様に威圧感を与えてしまう可能性すらあります。

しかし、一間1m80cmだとそのような心配がないとされているのです。

車で移動しているときでも、歩いているときでも「のぼり」に書かれている内容をちゃんと認識できる幅が1m80cmなのです。

この間隔はちょうど日本で古くから使われている尺貫法の単位のひとつだというのです。

無意識のうちに日本人にとって最もなじむ間隔がのぼりの間隔として最適だと感じられているようです。

次にのぼりの配色です。

同じ色で同じ種類の「のぼり」がたくさん並んでいるのも迫力がありますが、その中に1本だけ違う色が入っていたり、配色がまったく異なるのぼりを組み合わせてやるとまた違った効果を得ることができます。

アピールしたいポイントに応じて色のバリエーションを使い分けることで更にその効果を増すことができます。

そして、最後に「のぼり」の配置の仕方です。

どんなにすばらしい「のぼり」を作っても配置を失敗してしまっては下も子もありません。

店舗であれば立地条件や駐車場の大きさあるいは場所によって配置を考えてやる必要も出てきます。

ポピュラーな配置パターンとしてたて型・よこ型・おうぎ型・トライアングル型・複合型があるといわれています。

特殊な場合をのぞけばほとんどの場合はたて型・よこ型・おうぎ型・トライアングル型を組み合わせることで対応できると考えられています。

現在はこだわりを持ってのぼりを作ることができるようになっています。

せっかくのぼりを作るならそれを最大限生かす使い方をしたいですね。

歴史も種類もあるのぼり Copyright (C) www.irishgypsystyle.com. All Rights Reserved.